MOCHIDAYS

雑食ミーハーおばさんです。気ままに歌詞和訳など。まだまだ勉強中です。

로맨스는 끝났다(ロマンスは終わった)/ VIXX 和訳

멈춰진 지금 우리를
止められた 今 僕たちを

잡으려 하지 마
捕まえようとしないで

여기까지가
ここまでが

우리 이야기의 끝이니까
僕たちのストーリーの終わりだから

누구의 잘못도 아닌 걸 
だれのせいでもないことを

이제 로맨스는 없으니까
もう ロマンスはないから

가장 소중했고
最も大切で

내게 전부였던 기억 남았으니까
僕の全てだった記憶が残っているから

부족했던 우릴 탓하지 마
まだ未熟だった僕たちを恨まないで

감정이 앞섰고 참 어렸지만
感情が先立ってとても難しかったけど

상처마저도 고마워
傷ついてもありがとう

I miss u 따듯했던 웃음도 
I miss u 暖かかった笑顔も

I miss u 나보다 소중했던 
I miss u 僕より大切だった

그 모습도 이제 볼 수 없지만 
その姿ももう見ることはできないけれど

넌 꼭 행복해야 하니까
君は必ず幸せにならなきゃいけないから

I miss u 이젠 손을 놓지만
I miss u もう手を離すけれど

I miss u 나와는 전혀
I miss u 僕とは全く

다른 사람 만나서
違う人に出会って

내 추억은 묻어줘
僕の思い出はしまって

로맨스는 끝났다
ロマンスは終わった

누구의 잘못도 아냐
誰のせいでもない

모든 건 다 끝나잖아
すべて終わったじゃないか

세상을 품어준 저 태양도
世界を抱いてくれたあの太陽も

언젠간 차게 식는다더라
いつかは冷たく冷めるんだって

맞아 영원한 건 없어
そう 永遠なものはない

다만 끝이 지금이라
単に終わりが今なだけ

아쉬워서 그래 그래 
惜しいから そう そう

아쉬운 것마저 당연하다 그치
惜しいことまでも当然だ そう

너와 나 모든 남녀가 다 그래
君と僕 すべての男女が みんなそう

고마운 것과 미운 것
ありがたいことと憎いこと

이 두 가지가 싸워
この2つが争って

남은 건 고마움 뿐야
残ったのは感謝だけさ

행복으로 남기고 싶어 하더라
幸せとして残してあげたいって

내가 널
僕が君を

지나치게 꼬여 있고
こじらせすぎて

화가 참 많았지
怒りがすごく多かったよね

미안해 다만 서롤 탓하지 마
ごめん ただお互いを責めないで

우리가 만든 끝이잖아
僕らが作った終わりじゃないか

모든 순간 내겐 특별했어
すべての瞬間が僕にとっては特別だった

우린 돌아섰고 흩어졌지만
僕たちは背を向けて散らばってしまったけど

그 시간에 멈춰 있다
その時間に止まっている

I miss u 따듯했던 웃음도
I miss u 暖かかった笑顔も

I miss u 나보다 소중했던
I miss u 僕よりも大切だった

그 모습도 이제 볼 수 없지만
その姿ももう見ることができないけど

넌 꼭 행복해야 하니까
君は必ず幸せにならなきゃいけないから

I miss u 이젠 손을 놓지만
I miss u もう手を離すけど

I miss u 나와는 전혀
I miss u 僕とは全く

다른 사람 만나서
違う人に出会って

내 추억은 묻어줘
僕の思い出はしまって

로맨스는 끝났다
ロマンスは終わった

의미 없는 한숨도 이젠 널 떠나서
意味のないため息ももう君を離れ

조금은 자유롭길
少しは自由になれるように

외로운 시간도 이젠 내가
さみしい時間ももう僕が

풀어야 할 숙제니까
解かなきゃいけない宿題だから

조금 더 늦게 만났다면
もう少し後で出会っていたら

가진 게 많이 있었다면
持っているものがたくさんあれば

성숙하지 못해
成熟できない

미안하다는 너의 한마디에
ごめんねという君の一言に

My love 그동안 고마웠다고
My love 今までありがとうと

My love 정말 사랑했다고
My love 本当に愛していたと

웃는 그 모습 속에 살겠지만 
笑うその姿の中に生きるだろうけど

넌 꼭 행복해야 하니까
君は必ず幸せにならなきゃいけないから

Goodbye 로맨스에 점을 찍고
Goodbye ロマンスに終止符を打って

Goodbye 이젠 널 보내려고 해
Goodbye もう君を見送ろうと思う

그 두렵던 마지막 순간마저 
その恐ろしい最後の瞬間までも

그립고 행복했다
恋しくて幸せだった


作詞作曲したレオさん。「ロマンスは終わった」というタイトルは最初会社のスタッフさんたちには反対されたそうですが、メンバーたちに聞いたらみんな「良いね」と言ったのでこのタイトルに決めたそうです。
レオさんらしい曲ですよね〜〜。
個人的には最後の「그 두렵던 마지막 순간마저 그립고 행복했다」がすごく好きです。